2010年06月08日

−8キロの体重調節

脂肪酸(しぼうさん)とは、長鎖炭化水素の1価のカルボン酸である。炭素数や二重結合数によって様々な呼称があり、鎖状のみならず分枝鎖を含む脂肪酸も見つかっている。メタボリック (metabolic) 代謝 (metabolism) メタボリックシンドローム。また、人間の食用に供する食肉は主に筋肉であり、肉と言えば一般に筋肉を意味する。ファイル:Skeletal_muscle.jpg right 400px thumb 骨格筋の構造 筋肉は複数の筋束からなる(中央上)。脂肪組織は、主に皮膚の下に位置するが、内臓の周囲でもみられる。脂肪塞栓に血管を塞栓された臓器が不全を起こす事が本症の病態である。日本では特に内臓脂肪の蓄積による肥満が共通の基盤として着目され、腹部肥満=男性型肥満ともいわれている上半身型肥満=リンゴ型肥満に対して注意が呼びかけられている。体重 調整は計画通りにはなかなかいきません。筋肉質であることを体育学的に言えば、身体の鍛錬が理想的な状態に達したことを指すものと思われる。原因は、外傷時に脂質代謝が変化し血液内の脂肪が脂肪滴になるため、あるいは外傷部分の血管から骨髄などの脂肪が入り込むためと考えられている。脂肪酸(しぼうさん)とは、長鎖炭化水素の1価のカルボン酸である。動物性脂肪は飽和脂肪酸を多く含むので融点が高い。脂肪はエネルギーとして代謝された場合、炭水化物やタンパク質よりも単位重量あたりの熱量が大きい。以前よりシンドロームX、死の四重奏、インスリン抵抗性症候群、マルチプルリスクファクター症候群、内臓脂肪症候群などと呼称されてきた病態を統合整理した概念である。筋肉を収縮させながら力を発揮(短縮性収縮、或いはコンセントリック収縮)する運動ではほとんど筋肉痛が生じない。 主な役割は脂肪としてエネルギーを蓄えることであるが、また体を柔軟にすることで外界の物理的衝撃を吸収し、重要な器官を保護、さらに体温や外界の温度を断熱する機能も持つ。
posted by 杏仁 at 14:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。